ホーム 活動理念 活動方針 代表挨拶 イベント 募 集 問合せ  
どなたでもご参加いただけます。お気軽にお越しください。

過去のイベント
 9月21日(木) 知覧の陸軍特攻基地跡地で世界平和の揮毫開催
「恒久世界平和国連支援都市」の鹿児島県南九州市知覧町には陸軍特攻基地跡地があります。そこで9月21日の「世界平和の日」に、書家桂泉氏が特攻平和観音堂(予定)で世界平和を祈念して揮毫を行います。当日は南九州市長がご参列いたします。

知覧特攻平和会館

書家桂泉公式サイト
 
 
 9月21日(木) 大阪の万博記念公園で世界平和の揮毫開催
大阪の万博記念公園にある平和の鐘の前で、午前11時から千秋育子氏が世界平和を祈念して揮毫を行います。この平和の鐘は今から約60年前に日本人、中川千代治氏がニューヨーク国連本部に寄贈したものの姉妹鐘です。国連本部では9月21日の世界平和の日に、国連事務総長によって「Japanese Peace Bell」(日本の平和の鐘)が打ち鳴らされるセレモニーが毎年行われます。

千秋育子公式サイト

国連平和の鐘を守る会
 
 
 9月21日(木) 全国の護国神社で同日開催の奉納イベント
9月21日の「世界平和の日」に、全国の護国神社で「世界平和」を祈念した奉納イベントを同日開催します。護国神社を戦争や軍国主義の世間のイメージから「平和を願う聖地」に変えるプロジェクトです。


 
 
 12月25日(月) 天河大弁財天社にて竹本大亀氏による奉納揮毫(きごう)
愛を説いたイエス・キリストの生誕を祝う12月25日のクリスマスの日に、「愛」の奉納揮毫を行うことが決まりました。詳細は決まり次第、発表いたします。
 
 
 











 
 3月11日(土) 熱田神宮にて竹本大亀氏による奉納揮毫(きごう)
竹本大亀先生が東日本大震災の復興を祈願して、幅1.4メートル、長さ8メートルほどの紙に、神様により思いが届くといわれる古代象形絵文字で「地平天成」を、熱田神宮本宮のご神前にて奉納揮毫いたしました。
 
 4月01日(土) 小名木善行氏講演会 「目からウロコの古事記のお話」
名古屋は若者の街大須で、日本の心を伝える会代表の小名木善行先生が、古事記をわかりやすく解き明かされました。オリジナリティ溢れる解釈で、現代の日本人にこそ伝えたい古事記の魅力が、参加者の皆様に伝わりました。
 
 4月22日(土) 椿大神社にて竹本大亀氏による奉納揮毫(きごう)
地球国土の神であり、全国の猿田彦大神を祀る神社の総本宮、三重県鈴鹿市の椿大神社で、竹本大亀先生による地球環境改善の奉納揮毫を4月22日の「アース・デー」に行いました。
 
 5月20日(土) 宮本辰彦講演会 「世界に通じる大和の心」 ~平成29年度熱田神宮文化講座~
和プロジェクトTAISHI代表の宮本辰彦が、三種の神器(草薙の剱)を祀る熱田神宮で講演をいたしました。新渡戸稲造の武士道精神、鈴木大拙の禅の思想に続き、和の精神を日本から世界へ伝えることの重要性について語りました。
 
 8月6日(日) 世界平和の祭典をTOLANDの階上で開催
広島に原爆が投下された8月6日に、若者たちが集う名古屋は大須のTOLAND階上で、平和を祈念する祭典を開催しました。大書揮毫、奉納演奏を行うシンガー・ソング・ライターによるライブ、戸山流居合道美濃羽会による演武、白山龍鳴会による法螺貝の演奏、和プロジェクトTAISHI代表のトーク等。
 
 8月15日(火) 鹿児島県護国神社にて書家桂泉氏が奉納揮毫
書家桂泉氏が「鹿児島縣護國神社御創建150年記念事業」の一環として、終戦記念日に催される「英霊に感謝と慰霊の真心を捧げる県民の集い」で、雅楽の演奏と共に奉納揮毫をいたしました。





  
  

トップ
和 Project TAISHI 事務局  〒 464-0817 名古屋市千種区見附町2丁目23  TEL: (052)783-5971
© 和 Project TAISHI. All Rights Reserved.