ホーム 活動理念 活動方針 代表挨拶 イベント 募 集 問合せ  
 
 聖徳太子の十七条憲法を世界遺産に
「和」とは循環と寛容、そして調和の精神です。その中でも寛容とは赦し、受け入れ、認め、尊重し合う、許しの思想です。そして「和の精神」は日本人が自然の摂理から導き出した、世界に通用する普遍的な考え方です。
 1987年に国連で「持続可能な開発」という考え方が提言されて以来、ビジネスの世界で「サステナブル」という言葉が、日増しに聞かれるようになりました。そして、世界で求められているサステナブルな社会の実現のためには、循環型の経済や社会の構築が必要となります。
また、地球規模で進む経済や社会のグローバル化にあたり、「多様性」という言葉も近年聞かれるようになりました。これは社会の発展は文化、宗教、民族、人種の多様性によってもたらされるという考え方です。そして、この多様性は互いを許し合う寛容の精神から生まれます。つまり、世界が「和の精神」を求めているということです。

「和の精神」が世界で最初に明文化されたのは、聖徳太子が著した「十七条憲法」です。2020年、世界が注目する東京オリンピックの開催は海外へ「和の精神」を広める好機です。そして、その2年後は聖徳太子の御聖忌1400年。和プロジェクトTAISHI(太子・大志・大使)は、この記念すべき年までに日本の「和の精神」(循環と寛容と調和)を広く国内外へ発信し、その精神が最初に明文化された「十七条憲法」を、世界の宝として世界遺産へ登録することを目指します。

 和と愛を日本から世界へ
世界へ示すべき日本の心「和」と、人類が求めてやまない共通の価値「愛」を日本から世界へ発信します。

世界が求めている和の精神

数学の「ゼロ」という概念を発見したのはインド人でした。しかし、この概念はインド人のためだけのものではなく、全人類にとっての財産となりました。イエスの説いた「愛」も、クリスチャンのためだけのものではなく、全人類にとっての尊い教えとなりました。それと同じく、四季折々、豊かな自然から生まれた日本の「和の精神」も、日本人のためだけのものではなく、混濁極まる世界に、いよいよ必要とされる思想だと信じています。しかし、その前に日本人自体がこの素晴らしい思想を知りません。この思想を明解に示し、世界に通用する思想へと昇華し、「WA」という新たな思想として、世界へ提言したいと考えています。

世界の共通語

世界の流行りの歌はほとんどがラブ・ソングです。ところがこれだけ「愛」という言葉を人々が口にし、耳にするのに、誰もそれを明確に理解していません。そして、そのような愛についてひとたび真剣に語ると、日本では時に宗教じみたイメージを持たれてしまい、敬遠されてしまいます。そこでこの「愛」という思想を「和の精神」と同様に、誰にでも理解できるように明解にし、宗教とは関係なく、誰もが当たり前のように学び、涵養できるものにしたいと考えています。なぜなら今となっては「愛」という言葉は、世界の共通語であり、世界の人々が時代を超えて、普遍的に求めている共通の価値だからです。そして「愛」という思想を、宗教から解放するばかりではなく、日本から世界に発信したいと考えています。

 和の精神について ~WAという新たな思想~
和の精神は今から約1400年前に聖徳太子が著した「十七条憲法」の第一条に記された、「和をもって貴しとなす」に由来します。そして、この精神は日本国と日本人のあり方を示すものとなりました。「和」とは循環と寛容、そして調和の精神です。その中でも寛容とは赦し、受け入れ、認め、尊重し合う、許しの思想です。これは「全てを水に流して許す」という、禊ぎ(みそぎ)の精神でもあります。ただし、これは日本人だけにしか理解できない独特の思想ではありません。
今日、「愛」という言葉は世界の共通語となりました。あのイエスが説いた愛も「汝の敵を愛せ」という許しの思想でした。つまり、民族や宗教に関係なく、人間が一定以上の精神性に達した時に備わる、普遍的な価値なのです。
日本はかつて新渡戸稲造(1862〜1933)が「武士道」を著し、世界へサムライ精神を紹介しました。また、鈴木大拙(1870〜1966)は禅の思想を西洋へ伝え、世界的な禅ブームを巻き起こしました。現在、世界中の人々が使っているiPhoneやスマートフォンの板きれのようなシンプルなデザインも、禅を実践していたスティーブ・ジョブスのコンセプトによるものです。新渡戸稲造の武士道や鈴木大拙の禅に続くものとして、今度は循環と寛容と調和の精神を、「WA」という新たな概念として、本プロジェクトは日本から世界へ発信することを目指しています。
政治も経済もその根底には思想があります。「WA」という新たな思想が地球上に広まれば、実社会やビジネスの分野においても、それを基にした世界が実現するものと私は確信しています。

 地球に愛を
WA(循環と寛容と調和)の精神を、この地球に実現することは、私たち人類のためだけではありません。連日のように世界中で起こっているテロ事件がマスコミで報道され、犠牲者の数が伝えられています。しかし、テロによって爆弾が一つ破裂することは、人間の命が奪われているだけではありません。無数の生き物たちの命も同時に奪われています。また、ひとたび戦争が起こり、敵の軍事基地を破壊するために、ミサイルを撃ち込んでいる行為も同じです。母なる地球に憎しみの念を込めて、それを撃ち込んでいるのです。
 つまり、私たち人類の愚行は地球を破壊し、人間以外の生き物たちに、たいへんな迷惑をかけているということです。
 私たち人類が循環と寛容と調和の精神をもって生きることは、本来この地球上で生きるために、守らなければならない自然界のルールです。そのことを日本から世界へ向けて発信すること。それが和プロジェクトTAISHIの役割であると考えています。
 
 
  

 
トップ
和 Project TAISHI 事務局  〒 464-0817 名古屋市千種区見附町2丁目23  TEL: (052)783-5971
© 和 Project TAISHI. All Rights Reserved.