ホーム 活動理念 活動方針 代表挨拶 イベント 募 集 問合せ  
 
 代表からご挨拶
 はじめまして、宮本辰彦と申します。私は2014年に「和プロジェクトTAISHI」を立ち上げました。
 東京オリンピックの2年後、2022年は聖徳太子の御聖忌1400年という記念の年に、「和の精神」が明文化された聖徳太子の『十七条憲法』を、世界遺産に登録することを目指すためです。ただし、世界遺産はあくまでも旗印であって、真の目的ではありません。一番の目的は現在、世界の脅威となっているテロ集団の思想が、世界に「絶望」を与える陰の極だとしたら、日本のこの「和の精神」を世界に「希望」を与える、陽の極にしたい。それが私の願いです。

 ここに1枚の写真があります。この写真は五才の頃に、私が書いた落書きです。
幼少期を過ごした子供たちにとっての秘密基地を二十才の頃に訪れたら、この落書きがそのまま残っていたので、感動して撮ったものです。
 それから15年が過ぎ、自分の進むべき道を探していた35才の頃、再びこの写真を見つけました。
 それからさらに15年が過ぎ、落書きを書いてか45年が経ちました。現在、私が取り組んでいるプロジェクトの志は、言い回しをそのまま大人の言葉にしただけで、あの時に書いた落書きの思いを果たすためのものでした。

 本プロジェクトを立ち上げてから、私は和と愛をテーマにしたセミナーを全国で開催して参りました。そして、このプロジェクトをさらに推し進めるために、首相宛に親書を送りました。2015年、戦後70年の終戦記念日に合わせて、国内外に向けて発表された首相談話に、あるメッセージを織り込んでもらうためです。そこであらゆる可能性を探りました。
 最終的にあるつてから第一次安倍内閣の元法務大臣に、首相宛の親書を託しました。そして、その10日後に皇居で開催された天皇皇后両陛下の傘寿を祝う会で、親書は元法務大臣から首相補佐官に手渡されました。それがご縁で70年談話が発表された8月14日の10日前に、私は永田町で首相補佐官と1時間半にわたり、面談することになりました。
 このたびその志をさらに広く世間にも知っていただくために、さまざまなイベントを企画してまいります。そこで世界に誇るべき日本の伝統文化と和の精神を、このイベントを通してまず日本人に感じていただきたいと考えています。

和プロジェクトTAISHI代表
宮本辰彦
 


 
  

トップ
和 Project TAISHI 事務局  〒 464-0817 名古屋市千種区見附町2丁目23  TEL: (052)783-5971
© 和 Project TAISHI. All Rights Reserved.