- 伊勢の神宮と大八洲八神宮 -

伊勢の神宮
北海道神宮 明治神宮 熱田神宮 橿原神宮 伊弉諾神宮 宇佐神宮 宮崎神宮 霧島神宮



平成31年2月11日(月・祝)

主催:和プロジェクトTAISHI


<マスコミ各社へ>
このプロジェクトは全くの非営利活動で、お金は一切動いていません。特定の団体、組織、宗教との関わりもありません。 「以和為貴」(和を以て貴しとなす)の志に賛同した書家や仲間が集まって、このたびの奉納イベントは実現に至りました。


開催神宮 2019/1/16現在
  神 宮  書 家      備 考

 伊勢の神宮 竹本 大亀
 北海道神宮 山田 起雲 開始11:00
 明治神宮 池田 光希 開始15:30 場所:明治神宮会館
 熱田神宮 千秋 育子
 橿原神宮 新井 芳洋 開始15:00 場所:土間殿
 伊弉諾神宮 林 龍峯 場所:拝殿
 宇佐神宮 松本 重幸 開始13:30 場所:絵馬堂
 宮崎神宮 岩切 天掃 開始09:30
 霧島神宮 松田 貴志 開始11:30 場所:御神木前

 ご不明な点はお問い合わせ願います。


  
趣意文
 平成三十年「2.11和の国日本 建国記念の奉祝揮毫」では、初代神武天皇をお祀りする九州の宮崎神宮と奈良の橿原神宮の両宮で、慶祝と世界の恒久平和を祈り、奉祝揮毫を開催いたしました。
 新年は御代替わりする我が国にとって、大きな節目の年となります。そこで建国とその成り立ちに因む伊勢の神宮と全国八神宮で、奉祝揮毫を同日開催いたします。
 そして、私たち日本人が自分たちのアイデンティティーに誇りを持ち、建国の精神に基づき、日本が世界にその存在感を発揮して、世界の恒久平和に貢献できるよう祈願いたします。さらに我が国と日本人がこれから目指すべき方向性を、建国記念の日に国民の前に明らかにしたいと考えています。

和プロジェクトTAISHI代表
宮本辰彦
 
 

昨 年 の 様 子

 







このたびの奉納揮毫にあたり

「奉納」とは感謝の気持ちを、神様へ捧げるためのものです。
神社や神職への感謝、書家や演奏家への感謝、お手伝いして下さった方への感謝、声掛けをして下さった方への感謝、橋渡しをして下さった方への感謝等々。
相互の感謝の気持ち。それが最高潮に達することで、神様への奉納の気持ち、感謝の心は作り上げられていきます。

奉納はご神事です。したがってそこに神様が介在しています。つまり、
「9.21 世界平和の祈り」
に関わる全ての方々は、ご神縁によって結ばれているということになります。ですから、互いに対する感謝は、そのまま神様に対する感謝でもあります。

このたびのプロジェクトは各自の持ち出しであり、お金のやりとりが全くありません。代わりに互いに対する感謝の気持ちで成り立っています。つまり、「奉納の原点」に立ち返るということなのです。















 
  
  
 
©2017 WA project TAISHI. All Rights Reserved.