令和3年9月21日(火)

第5回 9.21 世界平和の祈り

《過去の記録:2020201920182017

 

主催:和プロジェクトTAISHI

World Peace Prayer at Nationwide GOKOKU Shrines, HIROSHIMA and NAGASAKI Peace Memorial Park and YASUKUNI Shrine on September 21st, 2021
KIGO held by a Japanese calligraphers
Organized by WA Project TAISHI


We appreciate it if you come and join us to pray for world peace all together.
Administration fee is free./ No advanced reservation is required.

On September 11, 2001, the terrorist attacks on the United States shocked the world.
It is said that the world has changed completely since then.
And this negative chain spread not only to the United States, but also to France, United Kingdom, and all over the world.
Therefore, the intention of this project is to deliver a message of love and peace on the same day in various places against the terrorist attacks caused by hatred and anger.

The intense power of hatred and anger has a great negative impact on people.
Love, on the other hand, spreads slowly but surely envelops hatred and anger.
We knew hatred and anger changed the world that day but we know it is possible to change the world by the power of love.
That is the reason why I have held peace voluntary calligraphy events on the same day at many temples and shrines in Japan and abroad since 2017.

A writer of United Kingdom, Edward Bulwer-Lytton, said "The pen is mightier than the sword." Speech has more power to change the world peacefully than armed forces do.
With this great word, we have been engaged in peace activities with calligraphers and artists involved in Japanese traditional culture.


WA Project TAISHI
Tatsuhiko MIYAMOTO
 
開催神社

    全国48社の護国神社と靖国神社詳細
    8月下旬頃にアップいたします。

 
 
その他 

    広島平和公園と長崎平和公園



 


同日開催と書の企画意図
 2001年9月11日、アメリカ同時多発テロは世界に衝撃を与えました。この日を境に、世界は一変したといわれています。そして、この負の連鎖はアメリカだけでなく、パリやロンドン、世界中へと広がっていきました。
 そこで憎しみや怒りによる同時多発テロに対抗して、愛と平和のメッセージを各地で同日開催しよう、それが本プロジェクトの企画意図です。

 憎しみや怒りの激しく激烈なインパクトは、人々に多大な負の影響を及ぼします。それに対して愛はゆっくりと、しかし、確実に憎しみや怒りを包み込むようにして広がっていきます。あの日、憎しみや怒りが世界を変えたのなら、たとえ時間はかかろうとも、愛の力によって世界を変えることも可能であろうと、2017年より国内外で同日開催の平和揮毫を開催するようになりました。

 また、なぜ「書」なのか。英作家リットンの言葉に「ペンは剣よりも強し」という名言があります。言論には武力以上に、世界を平和的に変える力があるというものです。そこでペンを書に置き換えて「書は剣よりも強し」という志で、書家を中心に和文化に携わる方々と、アーティストの皆様と共に国内外で、平和活動を行っている次第です。
和プロジェクトTAISHI代表
宮本辰彦


書家・スタッフ募集
 各都道府県で奉納揮毫をしていただける書道家、アーティスト、写真家、お手伝いいただけるボランティア・スタッフを募集しています。

書家募集
 奉納揮毫をしていただける書家を募集しています。ご希望の方は以下の「WPT書家の会」よりご入会ください。


アーティスト募集
 書家による奉納揮毫だけでなく、舞、演奏、歌唱などの奉納も行います。

写真家募集
 書家やアーティストの奉納を撮影していただける写真家を募集しています。

スタッフ募集
 お手伝いいただけるボランティア・スタッフを募集しています。

 
和プロジェクトTAISHIは 日本と世界の和を心より願うメンバーの集まりです。そのために互いの違いを受け入れ、認め、尊重し合うことの大切さを知っています。そして、それが互いの心の内に循環を生み、社会の調和と発展へと大きくつながることを誰よりも知るものとして、清明心をもって実践に務めるものです。

お申込み・お問合せフォームはこちら



 
マスコミ各社へ>

このプロジェクトは全くの非営利活動で、お金は一切動いていません。特定の団体、組織、宗教との関わりもありません。 「以和為貴」(和を以て貴しとなす)の志に賛同した書家や仲間が集まって、このたびの奉納イベントは実現に至りました。

  














 
  
 
©2017 WA project TAISHI. All Rights Reserved.