八百万の神(日本人の神観)

首相の靖国参拝が問題になる時、靖国神社で英霊が祀られているということについて、「人を神として祀ることに違和感がある」あるいは「A級戦犯といわれる故人が、神社で祀られるのはおかしい」という意見が良く聞かれます。
そこで今回は神道(日本人)の神概念について説明することにいたします。

今日、すっかり西洋化された私たちにとって、神についての概念も、日本人が古来から持っていたものよりも、より西洋(キリスト教)的な神観に近くなったといえるでしょう。
すると唯一絶対の神であるはずなのに、人が神として祀られるということは、どうも理解出来ないわけです。

元々、日本人の精神の拠り所である神道には、唯一絶対の神という概念はありませんでした。
いわゆる八百万の神々。山の神、海の神、風の神、etc...。
つまり大自然そのものが神という捉え方です。
それが神道の自然崇拝です。

それとともにもう一つの神道の柱が、先祖崇拝です。
そこで祖先神といわれるように、大自然だけではなく、自分たちの先祖たちもまた、神として崇めてきたわけです。それが神話に出てくる神々です。
つまり、人類の始祖がアダムとエバだと聖書に記されているように、神話に出てくる神様たちは、日本人共通の遠い先祖たちで、それを神と呼んでいるのです。
したがって神道流にいえば、アダムとエバはさしずめ、「アダム大神」「エバ大神」といったところでしょう。

またアニメ映画「もののけ姫」の祟り神のように、西洋的な悪魔的存在でさえ、日本人は神として祀ってきました。怨霊とか化した平将門、菅原道真などを神として祀っているのが、その代表的な例です。

また自然界の目に見えないエネルギーも神と呼んできました。
それが雷神であったり、風神、火の神であったわけです。

つまり日本人は目に見えない精神的な存在、霊的な存在をすべて神と呼んだのです。
だから死んだ人も肉体を失い、霊的な存在になるわけですから、人はその故人を神と見なして祀り、弔うのです。

だからそうした日本語の「神」という単語を、英語で「God」と訳すのは誤りだという意見も多くあります。
つまり、新幹線はシンカンセン、寿司はスシと言うように、神も英語に訳さずに、カミというべきなのだそうです。そうしないから混乱が生じたというのです。

それでは西洋のGodという概念を表す単語を、日本語では何と表現すれば良いのかというと、それが「天」です。
「敬天愛人」「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」「天命」「天国」「天意」etc...で使われている「天」という単語です。

一方、神道でいうところの神というのは、目に見えない精神的なすべての存在を指していう言葉なのです。

それが自然界のエネルギーそのものであったり、ご先祖であったり、故人であったり、 時には人々に災いをもたらす怨霊と呼ばれるものであったりもするわけです。

そして、人々はその神たちに時に感謝をし、時に崇め敬い、時に人々に災いをもたらさぬように、その霊を鎮めるために祀るのです。

それが日本人、そして、神道の神観です。

Copyright(c) 2000-2008 Tatsu All rights reserved.

HOME