Tatsu瞑想ツアー
<< English >>
我国最古の大神神社
〜三輪山軽登山&参拝ツアー〜

三輪山

    大
     神

      万
        神
 

 

    ..日 時  6月11日(日)

    ..場 所  Tatsu本山教室

    ..時 間  8:00am出発(集合7:45am)

    ..参加費  7,000円(昼食代含む)

 

 
    ..行 程
 
     
8:00 本山 出発!
 
9:00 天理インター
 
10:00 大神神社 到着 三輪山をご神体とする日本最古の神社
  大神神社
◆主祭神: 大物主神・大己貴神・少彦名神
大神神社は三輪山をご神体と仰ぐ、本殿を持たない珍しい神社です。
遠い神代の昔、大国主神(大国様)が自らの和魂(幸御魂・奇御魂)を三輪山に鎮められ、大物主神の御名を以て、お祀りをされたのがはじまりです。
その神霊の鎮まります三輪山を登り、頂上で瞑想をします。

 
11:00 三輪山入山(摂社・狭井神社より) 黙歩即瞑想
  (入山後は、写真撮影禁止の聖域です) 入山証のたすきと、竹の杖を持っての入山で、雰囲気を味わっていただけることと思います。
山頂では喉の乾きを潤すために、飲料または狭井神社の御神水をあらかじめ用意したペットボトルなどに入れて入山することをお勧めいたします。

ただし、雨天の場合は予定変更させていただきます。

入山の心得
  
入山
 
12:00 山頂 到着
瞑想タイム
12:45 下 山 開始
13:30 下 山
山辺の道 万葉のふるさと、山辺の道
大和盆地を取り囲む山々の山麓を通る、日本最古の産業道路で、現在は往古をしのぶ絶好のハイキングコースになっています。
 
14:00 桧原神社 到着
(昼食 三輪そうめんセット−桧原御休処にて)
宮中で祭祀されていた天照大神が、初めて外に祀られた神社
桧原神社
◆主祭神: 天照大御神・伊弉諾尊・伊弉冉尊
元伊勢と呼ばれる桧原神社は、それまで宮中で祭祀されていた天照大神が初めて外で祀られた場所で、ここを出発点に天照大神は各地を巡歴して、現在の伊勢神宮に落ち着いたのです。

昼食 桧原御休処
三輪そうめん
15:30 桧原神社 出発
16:00 大神神社 出発
16:30 橿原神宮 到着 神武天皇即位の地・柏原宮址に建つ広く優雅な社殿
橿原神宮
◆主祭神: 神武天皇・ヒメタタライスズヒメノミコト
橿原神宮は皇室初代神武天皇が皇居を営み即位した橿原宮址といわれる場所で、その広大な神域は圧倒的なスケールを誇ります。
また神武天皇の「八紘一宇」の真の意味は、天地四方の果てに至るまで、この地球上に存在する民族が、あたかも一軒の家の中に住むように、皆仲良く暮らすこと、要するに世界平和の理想を掲げたものですが、戦中は軍国主義の道具として、そのスローガン的な役割に利用されてしまったのです。
橿原森林遊苑は日本の森林植物の2/3、350種もの樹木が茂る珍しい森林です。

17:30 橿原神宮 出発
18:10 石上神宮 到着 天理市の東「山辺の道」の起点に鎮座し、神剣を神と祀る古社
石上神宮
◆主祭神: 布都御魂大神・布留御玉大神・不都斬御魂大神
石上神宮は神武天皇の東征に功を挙げた天剣と、素戔嗚尊(スサノオノミコト)が大蛇退治に使った天十握剣を合祀しています。またここを起点とする「山辺の道」は日本最古の道といわれています。
 
18:30 石上神宮 出発
18:35 天理東インター
 
  帰 路
(SAにて各自夕食)
 
20:00 本山 到着(予定)!
 

奈良神社参拝記


 
※ 神社のご神水をご希望の方は、ペットボトル持参のこと。

※ お申し込みは、代金のお支払いをもって受付といたします。

                   ・・・お申込はお早めにどうぞ!