Tatsuのパワースポット探訪記

東紀州バーチャル・ツアー

*2001年3月4日(日)*

何が起こるかわからないぶっつけ本番東紀州ツアー!
〜今回のメインは花の窟神社です〜
 
花の窟は720年(奈良時代)に記された日本最初の歴史書である『日本書紀』の神代第一で
「国産みの舞台」として登場しています。
この地は熊野三山信仰に先立つ古代からの聖地「窟の熊野」として重要な意味を持っており、
まさに日本人のルーツといえる場所です。
歴史書には花の窟から御神宝を本宮大社へ移したことが書かれています。
 日本書紀に記されている事柄(参考資料のとおり)そのままに、
今も毎年2月2日と10月2日には、例大祭が行われ、多くの方が参拝に訪れます。

行 程

 8:17 本山教室出発(名古屋市千種区)
 9:16 安濃S.A.
10:00 勢和多気I.C.
10:20 滝原宮&木つつ木館
11:45 ランチ 宮路にて
13:20 おとと休憩所
14:24 七里御浜
15:00 花の磐神社
16:20 楯ケ崎
19:25 勢和多気I.C.
19:50 安濃S.A.夕食 
21:15 名古屋 着



名古屋出発時はまだ雨。
 
さあ、ここから出発です!