●楯が崎−たてがさき−

ここは初代天皇「神武」が本州に北上するとき、ここから上陸したといわれている地です。
何ともきれいな自然で、日帰りツアーで都会に戻った今、昼間ここに来ていたことがまるで嘘のような別世界でした。
参加メンバーの外国人からは、まるでオーストラリアの大自然を思い出すとのことでした。

  

国道から降りて遊歩道をハイキングして、阿古師神社、千畳敷、二木島灯台を経て、柱状節理の絶景、楯ケ崎へ。
・・・のつもりが、もうすでにこの時点で4時半をすぎていたので、あと1.5Kmというところで、後ろ髪を引かれる思いで引き返してきました。

しかしここで大英断、引き返して良かったです。
そうでなければ外灯もない山中の闇夜で、しかも雪の中で遭難していたかもしれませんでした。ホッ!

こうして旅を振り返ると天気にも恵まれ、都会を離れた絶景の中、まるで夢のような一日でした。

皆様大変お疲れさまでした。次回もお楽しみに・・・。

終わり


次回Tatsu瞑想ツアー

…日々の気づきとリラクセーションに…
…日曜日の瞑想タイム…
…ヒーリングワークin天河…
…禊ぎ(みそぎ)…
…本当の瞑想について理解できます…
…その他のメールマガジン…