燈籠
とうろう
…………………

「燈籠」は奈良時代の初めに百済から伝来したもので、本来の目的は電灯のなかった時代に照明として使われていました。
現在では神仏への献灯を目的としてたてられ、灯火を灯すことによって、神仏のご加護をより一層強く祈るためと考えられます。

また、春日大社(奈良)の万燈籠(まんとうろう)のように、神社によっては数多くの燈龍がたてられていることがありますが、これらの中には、祈願が成就したお礼に奉納されたものも数多くあります。

戻る

トップへ