注連縄
しめなわ
…………………
神社の鳥居、社殿、斎場などで見かけるわら縄に神垂をつけたもの。
一般に神域、神木など神聖な場所やものへ、人がみだりに立ち入ったり触れたりしないように張られている。
天岩戸神話で、岩戸から出てきた天照大神が再び戻らないようにと、岩戸の入り口にアメノフトタマ神が張ったシリクメ縄がそのルーツとされる。
今日では霊域を示すと同時に、正月の注連縄のように外から入ってくる災厄や悪霊を防ぐ意味がある。

戻る

トップへ