こう
…………………
神社仏閣へ参詣すると、よく「○○講」という額やシールが、壁や柱に貼ってある。
講は元々は宗教的・経済的な組織のことで、農村内部で伝統的民族信仰を軸にお参りする組織のこと。
のちに互いに旅費を出し合い神社仏閣へ参詣したり、寄進などを目的で作られた信者の団体もいうようになった。わかりやすくいえば、「○○講」というのは参詣するときのグループ名のこと。

戻る

トップへ