官国幣社
かんこくへいしゃ
…………………
官国幣社とは神社の社格を表しそれぞれ大・中・小に分けられている。
この制度は明治4年に確立され、昭和20年に廃止された。
また官国幣社の下にはさらに諸社というものがある。

●官幣社とは、
天皇と親族を中心として、天皇家と関係の深い皇族、歴史上の偉人などを祀った神社のこと。
●国幣社とは、
国造りに功績のあった神や偉人を祀った神社のこと。
●諸社とは、
官国幣社の下に位置して、地方が運営する府社、県社、郷社、村社、無格社のこと。

戻る

トップへ