神楽
かぐら
…………………

「神楽」とは、祭典のときに神前に奉納される「歌舞(かぶ:歌を伴う舞)」のことをいいます。
神楽の起源は、神代の昔に天照大御神(あまてらすおおみかみ)が、天の岩戸(あまのいわと)へこもられたとき、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が岩戸の前で舞を舞ったことにあるといわれています。
このことからもわかるように、神楽は神さまをお慰めするために奉納されます。
いずれの神楽も神話を題材にした神楽が中心に舞われています。

戻る

トップへ