本地垂迹説
ほんちすいじゃくせつ
…………………
仏(本来の姿)が衆生を救うために神(仮の姿)として現れていることをいい、その考え方を体系化して唱えたものが本地垂迹説です。本来は仏教用語で、菩薩が多くの分身(垂迹身)を作り臨機応変にいつ、どこにでも現れて衆生に功徳を施せることをいいます。
仏教が日本に伝わると、在来の神々と仏教を融合(共存)するための強力な手段となりました。
日本の神は、神でもあり仏でもあるという特殊な状態は、本地垂迹の考え方からはじまったもので、権現の考えもここから生まれたのです。
又神社へ行くと時々、ご神体に神道の神ではなくて、仏教の仏が祀られてあったりするのもこのためです。

戻る

トップへ