参拝の仕方

まず第1の鳥居で礼

続いて手水舎(テミズヤ)にてみそぎ

1.右手で柄杓(ヒシャク)を取る。
2.水を汲み上げ左手にかけて洗う。
3.柄杓を左手にもちかえ、水を汲み上げ右手を洗う。
4.再び右手に持ちかえて、左の手のひらに水を受けてためる。
5.を静かにすすぐ。
6.最後に柄杓の柄を水で流す。

左→右→口→左→柄杓の柄

ポイント
【洗うのではなく、清めるという意識】

参道の中央は正中(セイチュウ・神の通り道)のため避ける。

神前にて2拝2拍手1拝

神前(賽銭の前など)に立つ。

1.賽銭を賽銭箱に投げ入れる。
2.大鈴を勢いよく鳴らす。
3.心を静め、イメージして神とつながる。
4.姿勢を正した後、腰を90度に折り2回拝。
5.胸の高さで両手を合わせた後、2回打ち合わせる。
6.両手を合わせて祈念。
7.最後にもう1回拝。

ポイント
【真心をこめて、まずは感謝の気持ちで祈念】

最後にまた第1の鳥居で振り返って、神殿に拝

以上

戻る

HOME