6月

…………………

●夏越祓
なごしのはらえ
六月の祓ともいい、半年間の穢を祓って無病息災などを祈る行事。
ナゴシは「和し」で、神慮を和らげる意味。
蘇民将来(そみんしょうらい)が武塔神(むとうのかみ)に一夜の宿を提供したところ、「後世に疫病があったら茅(ち)の輪を腰につけ、蘇民将来の子孫といえば、よい」と言われ行った所、疫病を免れた神話に基づく。神社の祓では、茅の輪くぐりが広く行われている。 夏越祓に対して年末に行うものを年越の祓(大祓)


戻る