5月

…………………

●端午の節句(5/5)
たんごのせっく
鯉のぼりをあげたり、武者人形を飾り、男児の成長を祈る行事。
「子供の日」
元来、この月は田植えを控えた物忌みの月で邪気払いの為菖蒲酒を飲み、菖蒲湯をたてた。この菖蒲が尚武に通じる事から男児の節供になった。

●御田植祭
おたうえさい
年頭に予祝行事として行うものと、田植えの季節に神田に稲の苗を植える物に大別できる。
これから植える稲の成長と豊穣の願いを込めて行われる重要な神事。

●虫送り(旧暦5〜6月)
むしおくり
農作物の害虫を追い払う為の行事。
等身大のわら人形やかねや太鼓を鳴らしながら村境まで踊りつつ、送っていくという例が多い。近年は、害虫駆除の技術が発達、民間行事として残されている。


戻る