解説

古事記によれば、伊邪那岐命(イザナギノミコト・夫)と伊邪那美命(イザナミノミコト・妻)は、天神の命令によって日本の国土を生み、神々を生みました。
ところが、最後に火神を生んだために伊邪那美命は火傷を負われ、ついに亡くなってしまいました。

伊邪那岐命は、これを大変悲しんで黄泉(ヨミ)の国まで追いかけて、妻の神を蘇らせようとしますが、叶いませんでした。
この黄泉の国があまりに穢れたところだったので、そこからの帰路、伊邪那岐命は、筑紫の日向の橘小戸の阿波岐原で禊祓を行い、身を清めました。
この祓詞を唱えると、伊邪那岐命が禊を行ったのと同じ効果があるといわれています。
そのために、神事の前には必ずこの祓詞が唱えられます。


戻る