★結婚と幸せ★


結婚して幸せになる人。
結婚して不幸せになる人。
結婚しないで幸せになる人。

実際にはいろいろです。

しかし、私たちは結婚することが幸せへの道、と思い込みがちなところがあります。
本当は結婚は幸せへの道というよりも、昔は結婚をしないと生活が成り立たなかったというのが真実です。

昔は生きるために、人生を成り立たせるために、結婚しなければなりませんでした。
社会を成り立たせるために封建社会があり、産業を成り立たせるために奴隷制度があったようにです。

だから子供を産むのも、純粋に我が子が欲しいということばかりではなくて、生産能力を上げるためにも、家族の人員を増やすことが必要でした。
それもやはり生活を成り立たせるためです。
だから生まれてくる子供の性別に、昔は今以上にこだわりました。

しかし、こうした考え方もその当時は、それが必要だったのです。
しかし、今は結婚をしなくても生活が成り立つ時代です。
また現実は結婚をすることで、さまざまな制約も課せられます。

幸せは結婚することで得られるのではなくて、本当は自立することで得られるものです。
独身でいるという意味ではなくて、精神的に自立することによって幸せは得られるということです。
そして、自立した者同士が結婚するからこそ、幸せな結婚生活が送られるのです。

自立とは依存しないということです。
あくまでも自分で自分の存在を成り立たせるということです。
それに対して依存は自分の存在を、誰かによって成り立たせてもらうことです。

そして、自立がさらにすすむと、それは依存ではなくて誰かを活かすために、自らを存在させるということです。

もしもそういう意識で結婚することが出来たなら、その人は本当に幸せになれるでしょう。

またそういう意識を持つことが出来たならば、たとえ結婚しなくても、その人は幸せになれるでしょう。

Tatsu

ちなみにヒーリングスペースTatsuのTatsuとは、立つこと。つまり一人一人が自立すること、という意味も含まれます。
自立して幸せになって欲しいという願いです。

感想送ってね

戻る

開運!ドラゴンボ-ル・カ-ド
幸せMD&テープ
リラクセーション講座
ドラゴンボ-ル計画